【 屋根のメリット   雨除け風除け日除け(UV)傘を持たずに安全運転一年中使える便利グッズ!

バイクの屋根 作っちゃいました! 配達業務のカブやご自分のバイクに屋根を!  ⇒ こちらをクリック!
皆さまのお問い合わせに答えて シニアカーの屋根を作ってみました 問い合わせください ⇒ こちらをクリック! 
メディア掲載情報や自転車の操縦性 【ユーチューブ動画】 にしました (TOPページ下方 Q&Aの下をご確認ください)

●【Q&A】 自転車の屋根、屋根付き自転車への疑問を下の方のQ&Aでお答えします!
└  自転車の商品選びはTOPページ下部の画像をクリックで商品ページに行くことが出来ます!
└  注意:「自転車本体」の付属はありません。


【  オーダーなどお問い合わせについて 】  代表携帯: 
080-3537-3678 (マサキ宛)  営業時間 9:00~19:00 【定休日】年中無休
最新のメディア情報:  2016/12/23(金)テレビ朝日「羽鳥慎一モーニングショー」 → こちらをクリック

 
HOME»  屋根があっても下半身は濡れるんじゃないの?

メインタイトル

タイトル1



●  屋根があっても下半身は濡れるんじゃないの?

・・・と言う質問にお答えいたしましょう。

正直なところ6年前に作り出したころの商品は、スタイルを重視し今よりも幅が狭くサイドの

パーツもなく・・・・普通の雨で、雨除け率は7~8割

つまりは、2割は濡れるという商品でした。

それからして、現在は幅60センチと約10センチ広く、またサイドパーツが付いていれば、普通の

雨では・・・・ほぼ、濡れない、と言うものです。

そこで、下半身と言うと・・・雨は自転車で走行中には前方の斜め上から降り注いできますが、

前のカゴ下までスクリーンと透明カバーがあるので、しっかりとガードしますので、足元まで濡れま

せん。

しかし、大雨、台風はそこに乱気流の風が入るので、・・・と皆様もお考えでしょう。

たしかに普通の雨とは違いますが、自転車の屋根と言う商品にとって、走行中はそんなに変わる

ものではないのですが、信号などの停車中、また曲がるときに横からの風に雨が乗ってきたり、

曲がるときに斜め前からの雨が斜めに入ったりと、普通の雨とは状況が少しかわります。

通常は、ほぼ濡れなかったものが、腕の外側や足元に跳ね返ってくる道路の水、風に乗ったサイ

ドパーツを外れた雨が足元に降ってきます。

まあ・・・これは例外と言うもので仕方がないもの、そこは長靴でガード。

ちなみに世界にもう一軒あるフランス製は、日常の雨でも上半身をガードするだけで、下半身は

雨具を使わないといけないというもので

つまりは・・・日常の雨で足元が濡れないし、もとより上半身はまるっきり濡れないし、特に女性の

お客様は・・・・お化粧をした顔が濡れないのは助かるし、真夏の暑いときに影になり紫外線も

防いでくれるので、汗も出にくく助かっていますと言うことでした。

タイトル2

フリーページ画像2

画像説明

内容2
説明文を入力できます。
HTMLも使用可能です。

タイトル3

フリーページ画像3

画像説明

内容3
説明文を入力できます。
HTMLも使用可能です。

タイトル4

フリーページ画像4

画像説明

内容4
説明文を入力できます。
HTMLも使用可能です。

タイトル5

フリーページ画像5

画像説明

内容5
説明文を入力できます。
HTMLも使用可能です。

タイトル6

フリーページ画像6

画像説明

内容6
説明文を入力できます。
HTMLも使用可能です。

タイトル7

フリーページ画像7

画像説明

内容7
説明文を入力できます。
HTMLも使用可能です。

タイトル8

フリーページ画像8

画像説明

内容8
説明文を入力できます。
HTMLも使用可能です。

タイトル9

フリーページ画像9

画像説明

内容9
説明文を入力できます。
HTMLも使用可能です。

タイトル10

フリーページ画像10

画像説明

内容10
説明文を入力できます。
HTMLも使用可能です。