【 屋根のメリット   雨除け風除け日除け(UV)傘を持たずに安全運転一年中使える便利グッズ!

バイクの屋根 作っちゃいました! 配達業務のカブやご自分のバイクに屋根を!  ⇒ こちらをクリック!
皆さまのお問い合わせに答えて シニアカーの屋根を作ってみました 問い合わせください ⇒ こちらをクリック! 
メディア掲載情報や自転車の操縦性 【ユーチューブ動画】 にしました (TOPページ下方 Q&Aの下をご確認ください)

●【Q&A】 自転車の屋根、屋根付き自転車への疑問を下の方のQ&Aでお答えします!
└  自転車の商品選びはTOPページ下部の画像をクリックで商品ページに行くことが出来ます!
└  注意:「自転車本体」の付属はありません。


【  オーダーなどお問い合わせについて 】  代表携帯: 
080-3537-3678 (マサキ宛)  営業時間 9:00~19:00 【定休日】年中無休
最新のメディア情報:  2016/12/23(金)テレビ朝日「羽鳥慎一モーニングショー」 → こちらをクリック

 
このWEBサイトは自然エネルギー普及に貢献しています。

 





屋根付き自転車ショップの店長日記

こんにちは!屋根付き自転車、コロポックルの店長政木です。

雨の日の傘は危ないですね。安全で快適な雨の日ライフを過ごしていただく為、屋根付き自転車の開発と改良の日々が続きました。
そして、遂に最終形と呼べる製品が完成しました!

皆さんがこの製品を通して快適な生活を手に入れていただく事を願うばかりです

店長日記はこちら >>

携帯ページ


自転車の屋根、屋根付き自転車、シニアカー屋根のコロポックルです。

●商品は手作り、ハンドメイドで、現在は在庫は無く受注生産です。(半オーダー)
ついに誕生!容易に付く自転車とバイク共用の雨除け日よけ屋根
*左、カテゴリ、セール中に子供のせ、シニアカーに特別価格モデルを用意!


道路交通法改正に伴い!
自転車ライフでは雨傘も日傘も使えなくなりました、雨には合羽やポンチョもありますが、顔の回りはうっとうしく、真夏や日差しのきつい日は日傘もさせず日よけはどうします?
そんな自転車ライフに雨除けだけじゃなく日よけ、冬の風よけ春の花粉除けが季節に応じて対応してくれ、自転車どうしの衝突などから身を守ってくれ、ひったくりなどからも安心な自転車グッズ、アクセサリーが誕生しました。

そして今、自転車とバイクどちらにも転用引っ越しでき簡単取り付け可能なモデルが出来上がりました。(多少別途パーツ必要)
各テレビメディアの様々なテレビ放映を以下に添えつけましたのでご覧ください。


      Made in Japan
To the world of everyone who wish to better bicycle life, try out to play on each product page.

 ●30年2月11日にテレビメディアの取材、放送があったので、動画にしました、参考にご覧ください。







●自転車とバイク兼用の屋根を取り付け80キロで走ってみました、また運転手によると100キロ以上で何回も走っているとのこと!(法定速度厳守)(29年)

スイスやGORIXのインスタントの雨除け屋根を買い、その後、紫外線のため屋根がボロボロになったお客さんにもらいました、やはり自転車の屋根は日よけも出来ないとダメね!

読売テレビでバイクの屋根にも使えるほど強いフロントスクリーンを持つ屋根商品なら爆弾にも耐えれるか?・・・と言う変な実験があり29年10月8日に放映がありました。

同じ放送の番組でジェットエンジンによる放水やバケツの水をひっくり返したような雨でも雨除けができるのか?濡れないのか?と言う実験がありました。


関西の人気テレビ番組、ヨ~イドンの司会歌手、円広志から隣りの人間国宝になりました!


読売テレビ、スマタンZIPから京都の東映太秦村の一部を貸し切って風速40mの風に挑戦


パナソニックギュット、ヤマハバビー、ブリジストンアンジェリーナの上の動画は前カゴタイプ、下の動画は前子供いすに付けた屋根の状態と乗り心地を短い動画にしました。



Click on the image!  When you click on the product image will change the bottom to the type of product page
*お使いの自転車に合うお探しの商品のタイプをクリックしましたらHPの下の方が商品ページに変わります、商品選びのコツは後ろがヘッドレストの椅子か、カゴか荷台かと言う事です、その他はバイク、3輪自転車、電動車をクリックしてください、なお前は余り関係なく、20インチのギュット、バビー等の前カゴモデルだけお聞きください!








*当ショップでの自転車への屋根取り付けはお問い合わせください。
* 誠に申し訳ありませんが、只今、在庫になっていても調整が必要で商品によってはただいま納品に、15~40日要しています。

*当ショップは自転車を含まない屋根の部分を製造販売しているショップですが自転車も・・と言うお客様の相談も対応しています。


過去に取材があったテレビメディア出演等です!
●毎日放送の特別番組で取り上げられました。
●去年8月にNHKテレビ0の視点に出演
●2月17日テレビ東京系のBSジャパン、空から日本を見てみよう!・・・の撮影がありました(^^)
読売テレビスマタンジップに次いで5回目の取材です。
●4月15日関西テレビ、ヨ~イドンの撮影があって、歌手兼司会の円宏に隣りの人間国宝のシールとサイン頂きました。
●5月15日関西テレビ、岡安キャスターのワンダーに約5分取り上げられました。
●5月26日NHKテレビ、ニュースウエブに約2分取り上げられました。
●5月28日関西テレビ、胸いっぱいサミットに取り上げられました。
●6月17日関西テレビの新番組 ますだ岡田と関根勤来店取材がありました。
●29年5月に朝の番組、羽鳥慎一モーニングショーの取材がありました。
●10月に中川家司会の番組で屋根を爆破、バケツ、ジェットエンジンでの雨除け実験がありました。
●30年3月に吉本興業の学天即の取材がありスタジオインし放映されました。


メディア、テレビ東京系BSジャパンでヘリコプターを使い空からコロポックルを紹介!!

●保障について (左コンテンツの外国語の下・・自転車コンテンツのショップ紹介に記載)
自転車は常に転倒しやすい物で、便利な屋根を付け長く愛用するためには、やはり風や駐輪場の将棋倒し、いたずら、不在時の他人による転倒等に気を付けないと言う自転車のアクセサリーになります。
その他、台風や自転車どうしの事故等、自転車には多くの注意事項があります。
このような転倒、事故の屋根の損傷、紫外線による早期の屋根生地の劣化は、お客様の管理問題で、申し訳ありませんが商品の補償範囲ではありません。
また、各所のネジのゆるみによる商品の落下等の損傷等についてもお客様の整備問題で補償範囲外となります、補償範囲は3か月以内の商品製作上の欠陥、材料欠陥に適用します、詳しくは補償の項をご参考に

 

HOME»  自転車 用品の屋根グッズ、アクセサリーの秘密

自転車 用品、グッズ、アクセサリーの屋根の秘密は!

  You can ride in the typhoon, and the secret of the bicycle ride in mid-summer!

ようこそ、いらっしゃいませ!  Welcome, and Welcome!

自転車の屋根ショップ、コロポックルです、かって今まで無かった商品、自転車の屋根はホントに台風でも大丈夫なのか、真夏でもさわやかに乗れるのか・・・・と言うことについては、このページをお読みください。

また、前に2か所、後ろに2か所の取り付けをしていて・・なぜ、ハンドルを切ることができるのか?
・・・と言うことですが?
その秘密は取り付け部がフリーになっていて・・多少の回転を可能にしています、そして・・・また
取り付け部で足らない回転力はフレームを柔軟にして、ハンドルの切れを可能にしました。
さらに・・・・それで足らない回転力はスクリーンをフリーにして・・・・日常の自転車の運転に差支えのないハンドル操作を可能にした商品です。
なお、屋根が付いている以上、一般の自転車と同じくらいハンドルが切れるということではありません。

屋根を付けた自転車の性能はと言いますと、比較的価格の高いものは、サイドパーツを増加して雨除け、日除け効果を上げていますので、通常の雨では90パーセント以上、つまりはほとんど濡れないという効果を上げています。
台風などの大雨では、風速によっても前後しますが、80パーセントの効果があり、状況は腕の外側、もしくは腕、そして足元が濡れるということです。

そして、比較的価格の安い商品は、5~10パーセント効率が下がるというものですが、いずれにしても体本体は濡れにくい、濡れないという商品です。

軽く、強く、錆びず、一度装着すれば取り外しは約5分、高さ調整は可能、タイヤサイズはあまり選ばず引っ越しが可能。

さて・・・真夏でも快適な訳は?・・・と言うことですが
まず、熱を吸収するブラックカラーの屋根であるのに真夏でも乗れると言うのは、商品的には光を通さないブラックを使い、熱を吸収するそのカラーを屋根を2重にしてそのリスクを消化しました。

なお、外国からのアクセスの方が多いので英文も書いておきます。

We want to talk about the secret to say do all right in the typhoon really, roof shop of bicycle is Koropokkuru, products never had to win, roof riding a bicycle ..... whether ride refreshingly even in midsummer.

First, to say the ride even in midsummer for a roof of black color to absorb heat, the risk and to double the roof the color you use the black impervious to light in a product basis, to absorb heat was digested.


上のモデルにあるように屋根が2重になっていますね、1枚目と2枚目の間は約1~4センチの間があり、この間に風を強制的に通しているのです。

はて?・・・その風はどこから、と言う事ですが、それは前のスクリーンから直接とりこんでいるのです、違う言い方をすると空気抵抗や風、これがスクリーンに当たって、逃げる処がないから、仕方なくなかに入ってくる。

それを、1枚目と2枚目の屋根の間に入りやすいような構造を作りだしました。
それからして、真夏の風の無い日には空気抵抗が風となったり、また、少しでも風があれば中に入るので・・・・真夏でもさわやかに乗れると言う事です。

Roof it has to double to be in the above model, there are between about 1-4 cm, I is forced through the wind during this period between the first and the second frames eyes.

End? ... The wind, and from where it is to say, but it's are taken directly from the screen in front, wind and air resistance, When screen, because there is no treatment to get away this is, it entered amid reluctantly and Stated differently come.

I have created a structure, such as easy to enter between the roof of the first and the second frames eyes, it.
By then, air resistance is also, or become the wind on a day with no wind of summer, it is to say you can ride refreshing even in midsummer, ... so get inside if there is wind a little.



なお、下記は読売テレビ番組のZIPによる風の実験です。

扇風機の大きさは2.0mで風速50mは出せると言っていたんですが

さすがに、自信はあっても・・・まあ、こんなこと初めてなので、正直不安はありましたが、なんと
・・・・この扇風機、風速50メートルだそうです。
(まあ、ネットの中の記事では40mとなっていますが?)


Experiment in front of a huge fan of the 50 m wind speed!





これは、その扇風機から約3メートルの位置での実験ですが、・・・まあ、大丈夫でした!

Experiment of rain and strong wind at the position of the three meters before the huge fan of the 40 m wind speed





今回は風だけではなく、雨も同時に!






次によく質問がある横風ですが、これは基本的に通り抜けていきます、ただし今以上にサイドにパーツを付けると風の抵抗を受けます。

そんなわけであまりサイドに大きな物を付けないで、抵抗を最小限に抑えて商品を作っていると言う事ですね。

よく言われるのが、温室のように透明カバーで囲いたいとか言われますが、例えば風の無い雨降りだとしましょう。

しかし、ながら、そんな簡単な物ではないのです、実験の結果、自転車で走っている時はいいのですが、出る時にカバーについている雨粒でぬれたり、また出る時に時間がかかってぬれてしまうのです。

その結果、コロポックルの商品ぐらいが、完璧と言えないまでも、たとえ少し濡れても、湿っても
風が乾かしてくれ、また、出入りも簡単に出来ると言う結果ですね。


Next, is the crosswind you have questions well , but we will pass through basically , but this is subject to wind resistance when I attach the parts to the side more than now .

It is to say that do not put the big thing on the side too much in why , and are making products with a minimum of resistance .

It 's often said , it is said to want enclosure such as a transparent cover as a greenhouse but , for example, Let's say that it rains no wind .

However , while , it is not an easy thing like that , as a result of the experiment , it is good when you are running on the bike , but let me wet time it takes when it exits also , or wet with raindrops attached to the cover when you leave is .

As a result , about the products Koropokkuru , if not perfect - and getting a little wet - even if you do wet
It is the result of say wind also , me dry , to be able to easily enter and exit .

 

Well, but we have to worry about? · · · · It was all right to marvelously!




● [ZIP!]の番組概要ページ - TVトピック検索 (キーワード コロポックル政木)

  実験で風速40mの風にもびくともしない頑丈さを証明した。 大阪府東住吉区では建設業「コロ  ポックル」の政木和平さんが、自転車の「屋根」を作っており、同区ではさすべえに代わって流行っている。 arrow このコーナーの紹介アイテム


● 屋根付き自転車の危険性について - BIGLOBEなんでも相談室(キーワード 自転車屋根付き)

  屋根付き自転車の危険性について

ハンドルの両端から頭上を延びて車体後部に至る支柱で支えられるような屋根がある自転車は日差しや雨除けには役に立つと思いますが、何かにひっかかったり、転倒した時に非常に危険であるように思いますが、実験的に調査された例はありますか。法律的にも禁止されているのでしょうか。

その質問に対して


 

オーダーメイドで作られているようですね。
一キロ程度の重量増ですんでいるようです。

参考URL  

投稿日時 - 2013-09-17 19:26:06

 
お礼

実際に存在するのですね。大変参考になりました。ご教示ありがとうございました。

投稿日時 - 2013-09-18 01:39:17