【 屋根のメリット   雨除け風除け日除け(UV)傘を持たずに安全運転一年中使える便利グッズ!

バイクの屋根 作っちゃいました! 配達業務のカブやご自分のバイクに屋根を!  ⇒ こちらをクリック!
皆さまのお問い合わせに答えて シニアカーの屋根を作ってみました 問い合わせください ⇒ こちらをクリック! 
メディア掲載情報や自転車の操縦性 【ユーチューブ動画】 にしました (TOPページ下方 Q&Aの下をご確認ください)

●【Q&A】 自転車の屋根、屋根付き自転車への疑問を下の方のQ&Aでお答えします!
└  自転車の商品選びはTOPページ下部の画像をクリックで商品ページに行くことが出来ます!
└  注意:「自転車本体」の付属はありません。


【  オーダーなどお問い合わせについて 】  代表携帯: 
080-3537-3678 (マサキ宛)  営業時間 9:00~19:00 【定休日】年中無休
最新のメディア情報:  2016/12/23(金)テレビ朝日「羽鳥慎一モーニングショー」 → こちらをクリック

 
HOME»  お客様の要望に答えて、ついに登場、ブラックフレームの屋根!

ついに登場、ブラックフレームの屋根!





ついに誕生!・・・・・・ブラックフレームの自転車の屋根?



ようこそ、いらっしゃいませ!

きょうは、自転車の屋根に携わって、早5年を過ぎた今・・・長年の課題について

お話してみましょう。

そのお話と言うのは・・・・フレームの色なんです。

当初は、フレームに色付けしたりして、やっていたんですが

やはり、塗装は転倒したり、接触したりすると・・・・色が禿げますね!


これでは、いけない!・・・もともとの原材料がグレーなので、目立ちます、それからして

なんとか別注で作れないかと、長年、模索してきました。

まあ、正直なお話、お金にいとめを付けないと言う方法ならば・・・どうにでもなりますが

そうも・・・・・いかなかった、のです。

それに、何倍もする材料を使えば、商品にもはねかえります。

・・・・そのような訳で、今まで、できなかったのですが!


まあ・・・時代も進めば、そのような事も、次第に・・・条件が緩和されてきたのでしょうね!

お客様が、ネットで・・・・探し回ってくれました資材会社で

話が進み、なんとか・・・・出来る資金で、資金に応じて・・・・別注を受け入れていただき

今回・・・・・製作、していただきました!


まあ・・・どちらにしても、現在の材料代と比較すると約2~3倍かかりますが

長年の課題を克服するべく・・・・チャレンジいたしました。


おかげさまで・・・・・・・・・・ついに、ブラックフレームの屋根が誕生!


モデルは試作の第一号ですが・・・・今までに無く、精魂をこめて・・・作りました。

コロポックルの自転車の屋根と言う商品は、言って見れば、全体をバネにして強く吹いてくる

風や空気抵抗に対応している物で、風に抵抗せず、風を受け入れ自然の中に

溶け込む・・・・と言う、商品だと思っているのですが、そのバネになっていてくれるのが

ひとつひとつのパーツであるので・・・・・・・・・・・

少しパーツの形を変えたり、また、材料を作る配分が少し変わったり、サイドパーツの

材料や形、今まで無かった物が付いてみたりすると

バネの構造は変わらなくても・・・スタイルが全然違った形になって見たり

ハンドル操作が悪くなって見たりで、かっこいい・・

スタイルに仕上げるには、それは、それは・・・苦労しています。


まあ、そんな中

フレームの問題は、長年の課題であるにもかかわらず・・いままで保留してきましたが

もう中途半端じゃいけないので・・・・中身も充実させるべく、組み立て方と材料を一新!

まずは・・・以前よりハンドルの切れを軽くしました。

フロントスクリーンには、転倒しても割れないと言うのか、割れにくい・・・・

新素材を採用し、日よけスモーク材には・・・・・特にコストを無視し

バイザーとサイドバイザーに割れないポリカーボネートを採用し・・・・・

現在のところ、もう、これ以上のものは・・・・無い、最上級の!

と言う・・・商品に仕上げたのが、掲載のモデルで・・・・・とりあえず

乗ってみましたら?・・・・・・・・・・・・・・・これが、かって無い

操作性と、快適性と爽快性、とにかく・・・今年のきょうはすでに37度と言う暑さの中で

頭上が、頭の上が・・・全然、暑くない?

まあ、2重屋根にして温度が上がらないように努力はしてきましたが

これほど・・・・良かったとは、思いもよりませんでしたね!

う~む・・・・満足、満足!!!





そこで、仮に名前を考えると・・・・

ブラックと言うネームは、あまりに使いすぎましたので、困ってしまいますので

・・・・名前はもう少し、考えてみたいと思います。

                                       コロポックル