【 屋根のメリット   雨除け風除け日除け(UV)傘を持たずに安全運転一年中使える便利グッズ!、
 
自転車の屋根ショップ コロポックルは身長や自転車の種類に応じて製作販売しているオーダーメイドのお店です。

オールシーズン対応の雨除け日よけの屋根付きフル電動自転車、モペットの販売始めます。
バイクの屋根 作っちゃいました! 配達業務のカブやご自分のバイクに屋根を!  ⇒ こちらをクリック!
皆さまのお問い合わせに答えて シニアカーの屋根を作ってみました 問い合わせください ⇒ こちらをクリック! 
メディア掲載情報や自転車の操縦性 【ユーチューブ動画】 にしました (TOPページ下方 Q&Aの下をご確認ください)
●【Q&A】 自転車の屋根、屋根付き自転車への疑問を下の方のQ&Aでお答えします!
└  自転車の商品選びはTOPページ下部の画像をクリックで商品ページに行くことが出来ます!
└  注意:「自転車本体」の付属はありません。


【  オーダーなどお問い合わせについて 】  代表携帯: 080-9160-0771(マサキ宛)  営業時間 9:00~18:00 【定休日】年中無休
最新のメディア情報:  2016/12/23(金)テレビ朝日「羽鳥慎一モーニングショー」 → こちらをクリック

 
このWEBサイトは自然エネルギー普及に貢献しています。

 





屋根付き自転車ショップの店長日記

こんにちは!屋根付き自転車、コロポックルの店長政木です。

雨の日の傘は危ないですね。安全で快適な雨の日ライフを過ごしていただく為、屋根付き自転車の開発と改良の日々が続きました。
そして、遂に最終形と呼べる製品が完成しました!

皆さんがこの製品を通して快適な生活を手に入れていただく事を願うばかりです

店長日記はこちら >>

携帯ページ



当店はお客様の身長やお使いの自転車、また使用環境に応じたオールシーズンの屋根を手作りのオーダーメイドで製作しているお店です。


      Made in Japan
To the world of everyone who wish to better bicycle life, try out to play on each product page.

 ●30年2月11日にテレビメディアの取材、放送を動画にしました。







●自転車とバイク兼用の屋根を取り付け80キロで走ってみました、また運転手によると100キロ以上で何回も走っているとのこと!(法定速度厳守)(29年)

スイスやGORIXのインスタントの雨除け屋根を買い、その後、紫外線のため屋根がボロボロになったお客さんにもらいました、やはり自転車の屋根は日よけも出来ないとダメね!

読売テレビでバイクの屋根にも使えるほど強いフロントスクリーンを持つ屋根商品なら爆弾にも耐えれるか?・・・と言う変な実験があり29年10月8日に放映がありました。

同じ放送の番組でジェットエンジンによる放水やバケツの水をひっくり返したような雨でも雨除けができるのか?濡れないのか?と言う実験がありました。


関西の人気テレビ番組、ヨ~イドンの司会歌手、円広志から隣りの人間国宝になりました!


読売テレビ、スマタンZIPから京都の東映太秦村の一部を貸し切って風速40mの風に挑戦


パナソニックギュット、ヤマハバビー、ブリジストンアンジェリーナの上の動画は前カゴタイプ、下の動画は前子供いすに付けた屋根の状態と乗り心地を短い動画にしました。


*お使いの自転車に合うお探しの商品のタイプの画像をクリック。





 
 
過去に取材があったテレビメディア出演等です!
●毎日放送の特別番組で取り上げられました。
●去年8月にNHKテレビ0の視点に出演
●2月17日テレビ東京系のBSジャパン、空から日本を見てみよう!・・・の撮影がありました(^^)
読売テレビスマタンジップに次いで5回目の取材です。
●4月15日関西テレビ、ヨ~イドンの撮影があって、歌手兼司会の円宏に隣りの人間国宝のシールとサイン頂きました。
●5月15日関西テレビ、岡安キャスターのワンダーに約5分取り上げられました。
●5月26日NHKテレビ、ニュースウエブに約2分取り上げられました。
●5月28日関西テレビ、胸いっぱいサミットに取り上げられました。
●6月17日関西テレビの新番組 ますだ岡田と関根勤来店取材がありました。
●29年5月に朝の番組、羽鳥慎一モーニングショーの取材がありました。
●10月に中川家司会の番組で屋根を爆破、バケツ、ジェットエンジンでの雨除け実験がありました。
●30年3月に吉本興業の学天即の取材がありスタジオインし放映されました。


メディア、テレビ東京系BSジャパンでヘリコプターを使い空からコロポックルを紹介!!

●保障について (左コンテンツの外国語の下・・自転車コンテンツのショップ紹介に記載)
 

HOME»  O telhado e bicicleta na moda conveniente»  Bicicletta elegante

Bicicletta elegante

Ciao, Benvenuto! Proviamo a spiegare meglio attenersi ad un prodotto chiamato il tetto della moto oggi.
Inquadrare perché non si corrode e ruggine senza forti con leggerezza, come ho detto fino ad ora, cioè, può essere utilizzato in quasi invariata in modo permanente.

Parti e le altre, quando ho detto, dipende dall'ambiente e come usare bene, ma in 4-5 anni o tre anni,
Attraverso lo scambio, la vita della bicicletta sarà più comodo.
Pertanto esso è le parti, ma anche vendere, naturalmente, ma mi ha fatto credere che così che si può anche fare il vostro proprio.

Un esempio è il tessuto tetto, poiché si stacca se l'opposto dell'ordine in cui sono stati assemblati, e, in caso affermativo, cucire insieme le dimensioni in tessuto impermeabile preferito.
Inoltre, lo schermo sulla parte anteriore e quando dico, quindi abbiamo fatto le parti per essere facilmente sostituiti anche questo è, ci sarà centro casa che vende qualsiasi cosa di qualsiasi parte del paese ora.
Qui, in caso affermativo, Hamere tagliato acquistare un materiale che è molto simile.
In altre parole, si tratta di dire tutti i tipi di parti, e un prodotto che può fare il vostro proprio con facilità.

Tuttavia, esso non mi dice conveniente nel suo complesso, per esempio, la resistenza del telaio è intatto dopo deformazione da ribaltamento come metalli come alluminio e ferro perché è esso, ma telaio del tetto ricorda la forma Il restauro, nella sua forma originale, il materiale stesso ha una forza non rotto anche fatto un passo in pista.
La sua flessibilità, eliminando la resistenza dell'aria elimina la resistenza al vento.
Leggermente senza corrosione non è la ruggine su di esso, cioè, ha una struttura che può essere usato semi-permanente.

Puntai il prodotto dire utilizzare il materiale che entra la mano in tutto il mondo in una tale cornice, e si può utilizzare per un lungo periodo per i clienti molto più economico.
Ora, si parla che non era nella descrizione fino ad ora, ma questo prodotto non sceglie la misura del pneumatico se lo stesso tipo di moto.
Cioè, in movimento è possibile e, da moto a moto, e la rimozione facile di regolazione in altezza della bicicletta è facile.
La vita della bicicletta confortevole vi aspetta in tutte le stagioni come.