【 屋根のメリット   雨除け風除け日除け(UV)傘を持たずに安全運転一年中使える便利グッズ!

バイクの屋根 作っちゃいました! 配達業務のカブやご自分のバイクに屋根を!  ⇒ こちらをクリック!
皆さまのお問い合わせに答えて シニアカーの屋根を作ってみました 問い合わせください ⇒ こちらをクリック! 
メディア掲載情報や自転車の操縦性 【ユーチューブ動画】 にしました (TOPページ下方 Q&Aの下をご確認ください)

●【Q&A】 自転車の屋根、屋根付き自転車への疑問を下の方のQ&Aでお答えします!
└  自転車の商品選びはTOPページ下部の画像をクリックで商品ページに行くことが出来ます!
└  注意:「自転車本体」の付属はありません。


【  オーダーなどお問い合わせについて 】  代表携帯: 
080-3537-3678 (マサキ宛)  営業時間 9:00~19:00 【定休日】年中無休
最新のメディア情報:  2016/12/23(金)テレビ朝日「羽鳥慎一モーニングショー」 → こちらをクリック

 

billingual

 ▲ Please convert it to language! 
 

このWEBサイトは自然エネルギー普及に貢献しています。

 





屋根付き自転車ショップの店長日記

こんにちは!屋根付き自転車、コロポックルの店長政木です。

雨の日の傘は危ないですね。安全で快適な雨の日ライフを過ごしていただく為、屋根付き自転車の開発と改良の日々が続きました。
そして、遂に最終形と呼べる製品が完成しました!

皆さんがこの製品を通して快適な生活を手に入れていただく事を願うばかりです

店長日記はこちら >>

携帯ページ



ついに誕生!簡単に付く自転車とバイク共用の雨除け日よけ屋根

自転車ライフでは雨傘も日傘も使えなくなりました、雨には合羽やポンチョもありますが、顔の回りはうっとうしく、また出し入れや日ごろの心がけがわずらわしいですね!
そんな自転車ライフに雨除けだけじゃなく日よけ、冬の風よけ春の花粉除けが季節に応じて対応してくれ、自転車どうしの衝突などから身を守ってくれ、ひったくりなどからも安心な自転車グッズ、アクセサリーが誕生しました。

そして今、自転車とバイクどちらにも転用引っ越しでき簡単取り付け可能なモデルが出来上がりました。
各テレビメディアの放映を以下に添えつけましたのでご覧ください。


      Made in Japan
To the world of everyone who wish to better bicycle life, try out to play on each product page.

自転車からバイクへ、バイクから自転車へ簡単取り付け引っ越しが可能になりました。(只今動画準備中ですが、簡単に動画にしました)



研究の為、インスタントの屋根を買ってみましたが、やはり紫外線に当たると半年で屋根がボロボロになって風化したので捨てようとしましたがこれは捨てるのも大ごみでお金がかかった、やはり自転車の屋根は日よけも出来ないとダメね!

読売テレビでバイクの屋根にも使えるほど強い商品なら爆弾にも耐えれるか?・・・と言う実験があり29年10月8日に放映がありました。

同じ番組でジェットエンジンによる放水やバケツの水をひっくり返したような雨でも濡れないのか?実験がありました。

!!・・・各タイプに簡単に付けやすい、後付けも可能な手動式ワイパーを開発しました!



!!台風16号が関西に上陸した日にビデオを付けて自転車で走ってみました、風の抵抗やワイパー無の雨の撥水、台風でも乗れるのかと言う画像です。



関西テレビ ワンダーの番組より・・27年12月24日


テレビ番組、ヨ~イドンから隣りの人間国宝に!


読売テレビ、スマタンZIPから


バイクに屋根を付けました~



子供自転車にも屋根を!



自転車の屋根・・・実験


パナソニックギュット、ヤマハバビー、ブリジストンアンジェリーナの上は前カゴタイプ、下は前子供いすに付けた屋根の状態と乗り心地を短い動画にしました。


*普通のバイクにもオシャレでリーズナブルな雨除け日よけの屋根を開発しました。



台風18号の日の大阪でバイクと自転車の屋根の雨の日を短い動画にしました!



Click on the image!  When you click on the product image will change the bottom to the type of product page
*お探しの商品のタイプをクリックしましたらHPの下の方が商品ページに変わります、商品選びのコツは後ろがヘッドレストの椅子か、カゴか荷台かと言う事です、その他はバイク3輪自転車、電動車をクリックしてください、なお前は余り関係なく、20インチの前カゴだけお聞きください!








*当ショップでの屋根取り付けはお問い合わせください。
* 誠に申し訳ありませんが、只今、在庫があっても商品によってはただいま納品に、15~40日要しています。

*当ショップは自転車を含まない屋根の部分を製造販売しているショップですが自転車も・・と言うお客様の相談も対応しています。


過去のメディア出演等!
●毎日放送の特番で取り上げられました。
●去年8月にNHKテレビ0の視点に出演
●2月17日テレビ東京系のBSジャパン、空から日本を見てみよう!・・・の撮影がありました(^^)
読売テレビスマタンジップに次いで5回目の取材です。
●4月15日関西テレビ、ヨ~イドンの撮影があって、円宏に隣りの人間国宝のシールとサイン頂きました。
●5月15日関西テレビ、岡安キャスターのワンダーに約5分取り上げられました。
●5月26日NHKテレビ、ニュースウエブに約2分取り上げられました。
●5月28日関西テレビ、胸いっぱいサミットに取り上げられました。
●6月17日関西テレビの新番組 ますだ岡田と関根勤来店取材がありました。
●29年5月に羽鳥慎一モーニングショーの取材がありました。
●10月に中川家司会の番組で屋根を爆破、バケツ、ジェットエンジンでの雨除け実験がありました。



*各種ユーチューブをご覧ください!
●オートバイに初めて屋根を作りました


テレビ東京系BSジャパンで空からコロポックルを紹介!!



 

ユーチューブは東映京都 太秦映画村での風速40~50mの風と雨に対する実験!
 
You can view the test run in rain and wind (wind speed 40/50 m/sec.) on our YouTube Channel


高さ調整は瞬時!、屋根を上げたり下げたり・・・その他取り付け等の動画
The roof can be adjusted up or down according to your height.



●保障について (左コンテンツの外国語の下・・自転車コンテンツのショップ紹介に記載)
自転車は常に転倒しやすい物で、便利な屋根を付け長く愛用するためには、やはり風や駐輪場の将棋倒し、いたずら、不在時の他人による転倒等に気を付けないと言う自転車のアクセサリーになります。
その他、台風や自転車どうしの事故等、自転車には多くの注意事項があります。
このような転倒、事故の屋根の損傷、紫外線による早期の屋根生地の劣化は、お客様の管理問題で、申し訳ありませんが商品の補償範囲ではありません。
また、各所のネジのゆるみによる商品の落下等の損傷等についてもお客様の整備問題で補償範囲外となります、補償範囲は3か月以内の商品製作上の欠陥、材料欠陥に適用します、詳しくは補償の項をご参考に

 

HOME»  ブログ記事一覧»  自転車屋根の特徴»  屋根の付いた手作り自転車のハンドル性能?

屋根の付いた手作り自転車のハンドル性能?

屋根の付いた手作り自転車のハンドル性能?

こんにちは、ハンドメイド、手作りの自転車の屋根のお店、コロポックルです。

今回は、屋根の付いたオシャレな自転車のハンドル操作性についてお話ししたいと思います。

御存じのとおり、自転車の屋根、屋根付自転車と言う商品は今の文明でもありませんでした。

当社の商品のハンドル操作をお話しする上で欠かせないのがフレームであり、各パーツの接合です、鉄から始まりアルミ、グラスファイバー、プラスチックとさまざまな材料で2年以上をかけ数十台の試作、試乗を重ねてきました。

そこで、作りだして分かってきたのが、重さ、コスト、強度、風に対する柔軟性、交換性、加工性、接続性、耐久性、腐食性、塗装性、組立性、形状の記憶性でありました。

自分で乗る分については、このような事は自分で辛抱する、妥協すればいいんですが、社会に公開する以上は、これらをすべてクリアーをしなければなりません。

また、課題はそれらをクリアーしてからやってきました、人間と言うのは十人十色、スタイルもあれば、ルーフの大きさもあり、また自転車にもタイヤサイズもあれば、タイプもさまざまです、これらの殆どがハンドル操作に関わるものであったのです。

*下記は新製品のギャラクシーです。

そうして、付いたら良いと言うものではありませんでした、一見簡単で単純なようで、私達人間の身近で、まさしく自分の足のように使われる自転車にとって、理想のスタイルに変身出来、また、あらゆる自然の猛威に、またどんな季節にも対応出来なければいけないものでした。

お問い合わせで多いのはハンドル操作です、商品を見ての通り見る人が見ればハンドルが切れない!と言う構造です、自転車に屋根を付ける。と言う行為は、ハンドルの軸に屋根の軸があればこそ軸が回るのであり、ハンドル操作が出来る物です。

しかし、その常識の範囲で自転車に屋根が付いても、前かごは保護されず、また無理に保護しようとすれば手間もコストもかかります。

それを克服し特許の段階にまで進んだのは、ハンドル操作が出来ない物をハンドル操作を可能にしたものであり、ルーフのフレームの接合部、パーツの取り付けをハンドル操作が可能な範囲で自在にした事、また、それに協力する材料の特性、形状にその秘密があります。

これにより、ハンドルを切った時のフレームのたわみを打ち消しています、また、フロントのたわみが非常に難しいものでした、とにかく融通の利かない固体ではたわみに対応する事は出来ません。

これを可能にしたのが、フロントのアクリル樹脂です、もちろん数々の試作、試乗を経て使えるようになった事を付けくわえておきます。

そこで、操作性ですが重すぎず軽すぎずで、ノーマルの自転車に於いては、駐車中に風が吹いてハンドルが切れ転倒する事があるように、つまりは軽すぎると言う感じを受けます。

子供乗せタイプにはこれに対し、ハンドルにオートバイで言うダンパーの様なものを付けハンドルに適度に力を加え転倒を防ぎ子供を乗せやすくしていますが、一般車ではありません。

当店の屋根を自転車に装着した時の感じは、それよりも少し軽く、また一般車よりも少し屋根の力がかかっている状態で、言えば丁度良いと言う感じのハンドル状態です。

その他にまだまだ、商品としての細部は他にもありますが、とりあえず、強風が吹いてもそれに耐え、また理想的な操作性を可能にしました。

安全にオールシーズン、全天候に対して雨除け日よけ風除けを実現し、さらに各パーツを簡単に脱着可能にし錆びず風化せず、自転車が古くなっても新しい自転車へ引っ越しができる、一生使える、オシャレな自転車ルーフの誕生です。

まあ、お近くでしたら一度、試乗に来てくれましたら、いいんですがね!なお、材料特性等についても左カテゴリ下に明記していますのでご覧ください。

*下記は新製品のギャラクシーです。

 

 

自転車屋根の特徴