【 屋根のメリット   雨除け風除け日除け(UV)傘を持たずに安全運転一年中使える便利グッズ!

バイクの屋根 作っちゃいました! 配達業務のカブやご自分のバイクに屋根を!  ⇒ こちらをクリック!
皆さまのお問い合わせに答えて シニアカーの屋根を作ってみました 問い合わせください ⇒ こちらをクリック! 
メディア掲載情報や自転車の操縦性 【ユーチューブ動画】 にしました (TOPページ下方 Q&Aの下をご確認ください)

●【Q&A】 自転車の屋根、屋根付き自転車への疑問を下の方のQ&Aでお答えします!
└  自転車の商品選びはTOPページ下部の画像をクリックで商品ページに行くことが出来ます!
└  注意:「自転車本体」の付属はありません。


【  オーダーなどお問い合わせについて 】  代表携帯: 
080-3537-3678 (マサキ宛)  営業時間 9:00~19:00 【定休日】年中無休
最新のメディア情報:  2016/12/23(金)テレビ朝日「羽鳥慎一モーニングショー」 → こちらをクリック

 

billingual

 ▲ Please convert it to language! 
 

このWEBサイトは自然エネルギー普及に貢献しています。

 





屋根付き自転車ショップの店長日記

こんにちは!屋根付き自転車、コロポックルの店長政木です。

雨の日の傘は危ないですね。安全で快適な雨の日ライフを過ごしていただく為、屋根付き自転車の開発と改良の日々が続きました。
そして、遂に最終形と呼べる製品が完成しました!

皆さんがこの製品を通して快適な生活を手に入れていただく事を願うばかりです

店長日記はこちら >>

携帯ページ



ついに誕生!簡単に付く自転車とバイク共用の雨除け日よけ屋根

自転車ライフでは雨傘も日傘も使えなくなりました、雨には合羽やポンチョもありますが、顔の回りはうっとうしく、また出し入れや日ごろの心がけがわずらわしいですね!
そんな自転車ライフに雨除けだけじゃなく日よけ、冬の風よけ春の花粉除けが季節に応じて対応してくれ、自転車どうしの衝突などから身を守ってくれ、ひったくりなどからも安心な自転車グッズ、アクセサリーが誕生しました。

そして今、自転車とバイクどちらにも転用引っ越しでき簡単取り付け可能なモデルが出来上がりました。
各テレビメディアの放映を以下に添えつけましたのでご覧ください。


      Made in Japan
To the world of everyone who wish to better bicycle life, try out to play on each product page.

自転車からバイクへ、バイクから自転車へ簡単取り付け引っ越しが可能になりました。(只今動画準備中ですが、簡単に動画にしました)



研究の為、インスタントの屋根を買ってみましたが、やはり紫外線に当たると半年で屋根がボロボロになって風化したので捨てようとしましたがこれは捨てるのも大ごみでお金がかかった、やはり自転車の屋根は日よけも出来ないとダメね!

読売テレビでバイクの屋根にも使えるほど強い商品なら爆弾にも耐えれるか?・・・と言う実験があり29年10月8日に放映がありました。

同じ番組でジェットエンジンによる放水やバケツの水をひっくり返したような雨でも濡れないのか?実験がありました。

!!・・・各タイプに簡単に付けやすい、後付けも可能な手動式ワイパーを開発しました!



!!台風16号が関西に上陸した日にビデオを付けて自転車で走ってみました、風の抵抗やワイパー無の雨の撥水、台風でも乗れるのかと言う画像です。



関西テレビ ワンダーの番組より・・27年12月24日


テレビ番組、ヨ~イドンから隣りの人間国宝に!


読売テレビ、スマタンZIPから


バイクに屋根を付けました~



子供自転車にも屋根を!



自転車の屋根・・・実験


パナソニックギュット、ヤマハバビー、ブリジストンアンジェリーナの上は前カゴタイプ、下は前子供いすに付けた屋根の状態と乗り心地を短い動画にしました。


*普通のバイクにもオシャレでリーズナブルな雨除け日よけの屋根を開発しました。



台風18号の日の大阪でバイクと自転車の屋根の雨の日を短い動画にしました!



Click on the image!  When you click on the product image will change the bottom to the type of product page
*お探しの商品のタイプをクリックしましたらHPの下の方が商品ページに変わります、商品選びのコツは後ろがヘッドレストの椅子か、カゴか荷台かと言う事です、その他はバイク3輪自転車、電動車をクリックしてください、なお前は余り関係なく、20インチの前カゴだけお聞きください!








*当ショップでの屋根取り付けはお問い合わせください。
* 誠に申し訳ありませんが、只今、在庫があっても商品によってはただいま納品に、15~40日要しています。

*当ショップは自転車を含まない屋根の部分を製造販売しているショップですが自転車も・・と言うお客様の相談も対応しています。


過去のメディア出演等!
●毎日放送の特番で取り上げられました。
●去年8月にNHKテレビ0の視点に出演
●2月17日テレビ東京系のBSジャパン、空から日本を見てみよう!・・・の撮影がありました(^^)
読売テレビスマタンジップに次いで5回目の取材です。
●4月15日関西テレビ、ヨ~イドンの撮影があって、円宏に隣りの人間国宝のシールとサイン頂きました。
●5月15日関西テレビ、岡安キャスターのワンダーに約5分取り上げられました。
●5月26日NHKテレビ、ニュースウエブに約2分取り上げられました。
●5月28日関西テレビ、胸いっぱいサミットに取り上げられました。
●6月17日関西テレビの新番組 ますだ岡田と関根勤来店取材がありました。
●29年5月に羽鳥慎一モーニングショーの取材がありました。
●10月に中川家司会の番組で屋根を爆破、バケツ、ジェットエンジンでの雨除け実験がありました。



*各種ユーチューブをご覧ください!
●オートバイに初めて屋根を作りました


テレビ東京系BSジャパンで空からコロポックルを紹介!!



 

ユーチューブは東映京都 太秦映画村での風速40~50mの風と雨に対する実験!
 
You can view the test run in rain and wind (wind speed 40/50 m/sec.) on our YouTube Channel


高さ調整は瞬時!、屋根を上げたり下げたり・・・その他取り付け等の動画
The roof can be adjusted up or down according to your height.



●保障について (左コンテンツの外国語の下・・自転車コンテンツのショップ紹介に記載)
自転車は常に転倒しやすい物で、便利な屋根を付け長く愛用するためには、やはり風や駐輪場の将棋倒し、いたずら、不在時の他人による転倒等に気を付けないと言う自転車のアクセサリーになります。
その他、台風や自転車どうしの事故等、自転車には多くの注意事項があります。
このような転倒、事故の屋根の損傷、紫外線による早期の屋根生地の劣化は、お客様の管理問題で、申し訳ありませんが商品の補償範囲ではありません。
また、各所のネジのゆるみによる商品の落下等の損傷等についてもお客様の整備問題で補償範囲外となります、補償範囲は3か月以内の商品製作上の欠陥、材料欠陥に適用します、詳しくは補償の項をご参考に

 

HOME»  ブログ記事一覧»  自転車屋根の特徴

自転車屋根の特徴

  • 件 (全件)
  • 1

快適、爽快、便利 自転車の屋根 誕生!

はじめまして、どんな自転車にも取り付けが出来る屋根や屋根付き自転車を製作しているお店のコロポックルといいます。

今の文明にして初めて・・とても、便利な爽快な、快適な自転車の屋根が完成しました、分割して梱包可能な自転車ルーフを通販で販売を始めて約5年が経過しようとしています。

その後、1人用の専用ルーフとして更に現在まで開発、研究をしてきた結果、今までの屋根のフロントを更に約5度傾斜させフレームを改造した結果、今ではブラックフレームのギャラクシーの誕生に至りました!


空気抵抗や風、強風が吹く時は、前のスクリーンから吸い込み、またフレームが風の強さに応じてしなり風を消化します、横風のほとんどは通り抜けるように極力サイドはパーツを小さくしながらも、雨除け、日よけ効果を出しています。

その結果、雨除け効果が高いにもかかわらず、スタイリッシュな姿で、また、斬新な自転車ライフを送って頂けるようになり、そして、現在は電動アシスト自転車や3輪自転車、セニアカーなどの4輪電動車にも快適で便利で爽快なラインナップをそろえさせて頂きました。
 

*下記商品は、新製品のギャラクシーです。

ごく、一般の自転車が、全シーズンを通して使える雨除け日よけ風除け雪よけの爽快で 快適な屋根のある自転車に変身。

また、シーズンの中でも難しいのが真夏ですが、屋根の色がブラックにもかかわらず、夏でも爽快に乗れるようになったのは2重屋根の屋根構造になっているからで、また前籠の保護カバーを外すだけで、すごく、さわやかな すてき な風が入ってきます。

 

また、夏はどうしても屋根をはずしたいと思われるお客様には、簡単に夏だけ取り外し取付が容易ですが、屋根を取り付けてしまえばかえって真夏の方が屋根が重宝するとお客様の声もお聞きしています。


昨今のように異常気象的な日が多い中、朝晴れていた天候が急にスコールになったり、また、きゅうに雪やみぞれが降りだしたりと言えばキリの無い社会を迎えた中、どんな日でも安心で、また、自然環境保護のためにも、快適な爽快で便利な自転車ライフは欠かせないと感じております。

商品は過去数年にわたって研究し実験し試乗を重ねてきた結果のものですが、通販で販売をするも現在、研究に打ち込んでおりますので、今後とも、もっと良い商品を生みだしていきたいと思います。

重さは約2キロ前後で乗車中の体感重量はまったく感じません、またフレームは錆びず腐食しないし、また非常に柔軟性に富み耐衝撃性が高く転倒のショックも強風の抵抗も吸収してしまいます。

1度、屋根を取り付けをしてしまえば取付、取り外しは約5分、また、各パーツが容易に外せる事から、屋根模様も屋根材料も簡単に交換が出来るような構造にしました。

そんなとても、便利な自転車の屋根を全国の皆さまにお届けいたします。

 

 

 

 

 

 

コメント(0)

屋根の付いた手作り自転車のハンドル性能?

こんにちは、ハンドメイド、手作りの自転車の屋根のお店、コロポックルです。

今回は、屋根の付いたオシャレな自転車のハンドル操作性についてお話ししたいと思います。

御存じのとおり、自転車の屋根、屋根付自転車と言う商品は今の文明でもありませんでした。

当社の商品のハンドル操作をお話しする上で欠かせないのがフレームであり、各パーツの接合です、鉄から始まりアルミ、グラスファイバー、プラスチックとさまざまな材料で2年以上をかけ数十台の試作、試乗を重ねてきました。

そこで、作りだして分かってきたのが、重さ、コスト、強度、風に対する柔軟性、交換性、加工性、接続性、耐久性、腐食性、塗装性、組立性、形状の記憶性でありました。

自分で乗る分については、このような事は自分で辛抱する、妥協すればいいんですが、社会に公開する以上は、これらをすべてクリアーをしなければなりません。

また、課題はそれらをクリアーしてからやってきました、人間と言うのは十人十色、スタイルもあれば、ルーフの大きさもあり、また自転車にもタイヤサイズもあれば、タイプもさまざまです、これらの殆どがハンドル操作に関わるものであったのです。

*下記は新製品のギャラクシーです。

そうして、付いたら良いと言うものではありませんでした、一見簡単で単純なようで、私達人間の身近で、まさしく自分の足のように使われる自転車にとって、理想のスタイルに変身出来、また、あらゆる自然の猛威に、またどんな季節にも対応出来なければいけないものでした。

お問い合わせで多いのはハンドル操作です、商品を見ての通り見る人が見ればハンドルが切れない!と言う構造です、自転車に屋根を付ける。と言う行為は、ハンドルの軸に屋根の軸があればこそ軸が回るのであり、ハンドル操作が出来る物です。

しかし、その常識の範囲で自転車に屋根が付いても、前かごは保護されず、また無理に保護しようとすれば手間もコストもかかります。

それを克服し特許の段階にまで進んだのは、ハンドル操作が出来ない物をハンドル操作を可能にしたものであり、ルーフのフレームの接合部、パーツの取り付けをハンドル操作が可能な範囲で自在にした事、また、それに協力する材料の特性、形状にその秘密があります。

これにより、ハンドルを切った時のフレームのたわみを打ち消しています、また、フロントのたわみが非常に難しいものでした、とにかく融通の利かない固体ではたわみに対応する事は出来ません。

これを可能にしたのが、フロントのアクリル樹脂です、もちろん数々の試作、試乗を経て使えるようになった事を付けくわえておきます。

そこで、操作性ですが重すぎず軽すぎずで、ノーマルの自転車に於いては、駐車中に風が吹いてハンドルが切れ転倒する事があるように、つまりは軽すぎると言う感じを受けます。

子供乗せタイプにはこれに対し、ハンドルにオートバイで言うダンパーの様なものを付けハンドルに適度に力を加え転倒を防ぎ子供を乗せやすくしていますが、一般車ではありません。

当店の屋根を自転車に装着した時の感じは、それよりも少し軽く、また一般車よりも少し屋根の力がかかっている状態で、言えば丁度良いと言う感じのハンドル状態です。

その他にまだまだ、商品としての細部は他にもありますが、とりあえず、強風が吹いてもそれに耐え、また理想的な操作性を可能にしました。

安全にオールシーズン、全天候に対して雨除け日よけ風除けを実現し、さらに各パーツを簡単に脱着可能にし錆びず風化せず、自転車が古くなっても新しい自転車へ引っ越しができる、一生使える、オシャレな自転車ルーフの誕生です。

まあ、お近くでしたら一度、試乗に来てくれましたら、いいんですがね!なお、材料特性等についても左カテゴリ下に明記していますのでご覧ください。

*下記は新製品のギャラクシーです。

 

 

自転車 屋根 の性質、特徴、乗り心地

こんにちは、ようこそ!自転車の屋根のショップ、コロポックルです、今回はこの屋根の材料やその品質、性質、特徴についてお話をしてみたいと思います。

まず、屋根の主体であるフレームについてですが、材料は塩化ビニールと言う物で、特性はとにかく軽いと言う事です、一般に軽ければ強度を考えますが、この製品は強度も抜群、まず普通の自動車ですが対象外、お次は大型トラックですが、まず踏んでも割れません、しいていえば円形が少し楕円になります、またハンマーでたたいても割れにくい驚異の強度を持っています。

そして、何よりも、素晴らしいのは柔軟性です、さらに1度形状を決めてやれば形状を記憶し、万が一の転倒の時も自転車を起こせば元の形に戻ってくれます。

*下記は新製品のギャラクシーです。

また、この材料の、すばらしいのは錆びない、風化しないと言う点です、言えば半永久だと言う事で、つまりは、錆びず風化せず適度な柔軟性を持ち強く、軽いと言う最高の材料の特性を備えていると言う事です。

今までの実験ではまず、これ以上の材料はありませんでした、鉄は重く変形するし、アルミは軽くても変形するし、また、未来の軽合金、形状記憶合金を利用しても、まず、加工に耐えられず、加工が不自由でコストが高いと言う事です。

そのほかカーボン系、グラファイト系はコストもさりながら、Rの加工や形状記憶、加工性が悪く使えません。

又、自転車の屋根と言う商品は何分にも自然に対して、雑草のような性質を持たないと、風や空気抵抗、転倒に対応出来ず、材料についてはこれ以上の説明は不要でしょう。

 

さて、フロント部分について説明しますと、フロント部は透明アクリル樹脂に対し非常に割れにくい透明スクリーンを採用しています、つまりアクリルとゴムを合わせたような性質を持つので、空気抵抗や強風に対応し、またハンドルを切ったときのゆがみをも吸収することで、4か所の取付箇所を持ちながらも容易なハンドルさばきを実現しています。

ただし、まったく屋根が付いていないと言う状態ではなく、自転車を運転、操縦するのに支障が無いと言う事を付けくわえます。

次に前籠の保護材になりますが、着脱可能式で透明ビニールを使用しています、これにより通常では破れにくくても、万が一には簡単に交換が出来ます、当店で買う事も、自分で作ろうと思えば作れるような商品になっています。
また、雨がまったく降らないと言う日がある、真夏にもこれにより簡単に取り外しが出来使う事ができます。

ここで、少しまとめますと、転倒しても壊れず形を復元するフレーム、壊れにくい前のスクリーンを持ち、乗るには支障の無いハンドルさばきが出来、空気抵抗や風に対応する仕組みを備えていると言う事ですね。

さて最後になりました、屋根材は傘生地の防水生地を使用しています、これらは屋根によくなじみ、しわの少ないのが特徴です。

そのため生地厚があれば強度や耐久性が大きいのはいいのですが、生地が固いため屋根になじみにくく、しわが出来ますので、普通の厚みを持ち、かつ、フレームになじむよう伸縮性のある防水生地を使用しています。

屋根を自転車に付ける以上、屋根もハンドルさばきに対応しなくてはならず、防水生地を採用しています、このため自転車が転倒して打ちどころが悪い時は、穴が開く時もあります。



したがって自転車に屋根を付けて快適な自転車ライフを送るためには、自転車が転倒しないよう、風が当たりにくい所に停車したり、ワイヤーロックなどで風の強い日はちょっとつなぐことで、末長く自転車の屋根を使えるのです。

しかしながら、万が一の際は自分で生地をはずして防水生地を当てて補修も出来るようになっていますし、安価な価格で当店で購入して頂く事もできますのでご安心ください。

尚、万が一のスクリーン等のパーツもその他のパーツも交換は可能で、販売もしています、そして、フレームの他は使用環境によっては色変わりもする消耗品ですので、適当な期間2~4年(環境によっては前後します)で交換する事で、より快適な自転車ライフを送って頂けると言う事になりますので、よろしくお願いいたします。

さて、屋根の性能、使用用途はと言いますと、雨除け、日よけ、風除け、黄砂や埃除け、夏の虫よけ、春の花粉除け、自動車からの飛来物と万能で、例えば台風当の大雨や強風の際はちょっとした軽い雨具を併用して頂く事で、より万全なオールシーズンの自転車ライフが
送れる事でしょう。

今まさに、自転車社会は片手運転禁止や傘さし運転禁止と言う社会になり、合羽やレインコートもいいですが、真夏の日差しにはグッズを身につけるしかなく、頭上に影を作り風を運んでくれる自転車の屋根をお勧めいたします。

ご清聴有難うございました、この他、分からない事はメール等で遠慮なくお問い合わせください。



 

 

 

 

コメント(0)

雨 避け、日よけの屋根付き 自転車の効率は?

こんにちは、ようこそいらっしゃいました、日よけ雨避けの自転車の屋根、屋根付自転車のお店のコロポックルです。

きょうの話題は、日よけもさることながら、雨の日の雨避けの自転車の屋根の効率について、お話をしてみます。
 

当ショップの自転車の屋根と言う商品は、いままで基本的には横方向に何もつけていませんでした、その理由の1つに横風の抵抗があるからですが、実は自転車にとって横方向の風はとても危ないのです。

自動車に乗っている人は経験があると思いますが、強い横風は自動車でさえも安定を狂わし、時には転倒をしてしまうと、言う事が起きています。

下記モデルにありますように初期の商品は横からの雨が多少降り注ぐ事があっても、本の多少で、しいていえば致命傷になるほどには濡れない、下半身は多少ぬれても上半身は濡れなくて済む・・・・と言う計画の元に作っていました。


しかしながら、お客様の希望はもっと、もっといい物と・・・・上昇し、多少は横風の抵抗をかんじる事があっても、雨除け効果を日よけ効果を上げるパーツを・・・と研究に努力を重ねてきました。

転倒しても壊れにくい、また壊れたとしても人に害を与えることなく、そしてスタイリッシュなパーツをと目指してきました。


その結果、下記にあるようなモデルが出来上がったわけですが、自然と割れない材料代、作成費用の賃金に負担がかかってきた訳ですが、こと自転車ライフへの効果と言いますと、上記のモデルにおいて普段の雨降りは80~90パーセント、大雨で70~80パーセントと言う雨避け効率が、サイドパーツにより、またタイプにより普段はほぼ100パーセントに近い雨避けで、大雨でも80~90パーセントと
現在の商品は雨除け効率をあげました。


また、当初の製品は屋根幅55センチ程度に作っていましたが、やはり雨除け日よけの効率を上げるために、道路交通法の広さ、ぎりぎりまで広げ効果を出す事が出来、台風や大雨の日は?と言うと、両腕や足元が濡れやすくなりすが、体はほとんど濡れません。

そこで、合羽などの雨具ではどうでしょう、やはり顔とか部分的に濡れるばかりか、蒸れてきます、場合によっては下着が湿ってしまうと言う事もあります。

つまりは、傘でも合羽でもポンチョでも、レインコートでも100パーセントはありません。
 


次に日よけのお話しをしましょう、特に季節をあげると、やはり夏のシーズンですね、今の自転車社会のように片手運転禁止や傘さし運転禁止と法律もありますが、自転車の屋根と言うものではどうでしょう。

屋根で影が出来ているので上半身は影ですが、両腕まわりは曲がり角や日差しの方向により、どちらかの腕は日に当たりやすくなります、特に女性の方は腕のグッズを付けて頂く事で、より高い日よけの自転車ライフとなることでしょう。

私自身の実験で上半身でも特に顔や頭部が陰で、しかも屋根の前の部分から空気を取り込んでいますので、陰になっている所へ風が流されていますので、快適な夏の自転車ライフをすることができました。



この、快適さをぜひ・・・・皆様へと言うのが当ショップの運営になった事をお話しして終わりたいと思います。

ご清聴、ありがとうございました、日よけ雨避けの自転車のルーフ、コロポックルがお話ししました。

 



 

 

自転車パーツ、自転車の屋根の利点!

こんにちは、ようこそ、いらっしゃいました、オシャレな屋根のある自転車や自転車の屋根を製作しているお店のコロポックルです。

私が、かわいい便利な屋根を自転車に付けて走り出して、はや、足掛け3年が過ぎようとしています、そもそもが、雨に打たれて体調を崩し、喘息にかかった自分の為に作り始めたのですが。

しかし、それは、簡単に考えていたんですが、とても難しいものでした、それは、今でも変わりませんし、又、それ以上に課題が生まれています。

すでに何度も書いていますが、人間の身近にあるものだけに、一見、簡単に見えますが、たくさんの見えない条件を満たさなければ販売する事が難しいのです。

そのなかでも一番大きな課題は、やはり、固体の屋根を、活かすことにありました。

単なる固体、物と言う事で作ってしまえば、さまざまな強さで吹いてくる自然の風の対応が出来ない単なる、屋根、固体になってしまいます。

しかし、それでは風の抵抗をまともに受けてしまい、例えていいますと、全体をバネのようにすることで、風の強さに応じて屋根が角度を変えて風の抵抗を逃がすと言う性質を持たす事で実用できる自転車の屋根が作れないかと思いました、その事を屋根を活かすと言う表現をしました。

が、なんとか完成に持ってこれただけで、その特性を1つ1つに持たさないといけないところに、未だに便利さを自転車に出す難しさを感じています。

*下記は新製品のギャラクシーです。

とりあえず、ここ足掛け3年の間に乗っていていいなあ、便利だなあと自転車に感じた事を下記に書いてみたいと思います。

●自転車自身が濡れにくいので錆びにくいし、汚れにくい。

●前籠に荷物を置いていても濡れるとか、ひったくりの心配をする事が無い。

●天候や、傘や、急な雨の事をまったく考えなくなった。

●雨が降ったあくる朝、今までは椅子が濡れているのでタオルやぞうきんを取りに戻っていたが、今は椅子が濡れないので、玄関を出ても何も考えなくなった。

●自転車で使う傘や雨具などは特に寿命が短く、その点ルーフは長持ち、パーツをのぞけば、一生物、エコに貢献。

この事は、外へ出た時も同じで、コンビニに行ったり、銭湯にいったり、コインランドリーに行ったときに椅子が濡れないので、すぐに乗れる。

●自転車で外回りをしていて、道路に停車中によく風で転倒して いる事があったが、最近は無いので見てみるとルーフがハン  ドルの切れを押さえているので、倒れにくいのがわかった、停車中に自転車が転倒するのは、ハンドルが曲がって倒れやすいのであった。

●日よけ効果が結構効き特に真夏の背中や後頭部に直射日光が当たらないのでありがたい。

●車道を走る時は感じないが、歩道しか走れないときは、ルーフは自転車より幅が狭いので、普通の自転車で走る感じで、歩行者を気にする、必要が無い。

●この事は商店街の中も一緒で、特に雨の日は入る時に傘を閉じる事もないし、出るときに傘を差す必要もない。

●雨具を自転車で持ち歩く事が無くなった、以前は自転車に乗せていて盗られてしまって、急な雨に打たれた事もあったが、今は何も考えなくなった。

 

●冬の冷たい風や雨が顔に直接あたる事がなくなった。

●道路を走っていてほこりや、特に最近は中国の黄砂とかいうのがあって、ほこりがかかりにくくなる。

●以前は、目に虫が入ったり、ほこりがよく入ったが入らなくなった。

●電動車のバッテリー部分は一応雨は保護しているようだが、最近はトラブルの話をよく聞くが、屋根が付いていれば、バッテリーは雨から保護されている。

●冬、自転車に載っている時にハンドルの手に当たる風が随分と違う、カバーが付いていれば万全!

 

ご清聴ありがとうございました、とても便利な商品、自転車の屋根の利点について コロポックル店長がお話いたしました、どうか素敵な便利な屋根のある、安心の日々を味わって下さい。

 

なお、操作性及び材料特性等について、このページ上記に明記していますのでご覧ください。

*下記は新製品のギャラクシーミニです。

 

                 

 

  • 件 (全件)
  • 1